カフェインレスコーヒーについて

カフェインレスコーヒーとは読んで字のごとく、特殊な抽出技法を用いてコーヒー豆からカフェインを分離したコーヒーのことです。
カフェインフリーコーヒーやデカフェとも呼ばれます。

妊娠中の女性など健康上の理由でカフェインの摂取を控えたい人々に愛飲されています。



コーヒー豆からのカフェイン抽出は主に3つの方法があります。


1つ目は有機溶媒を使用した抽出方法です。
カフェインは水と混ざりにくい性質を持っているので、この性質を利用してジクロロメタンなどの有機溶媒による抽出を行います。

しかし、ジクロロメタンは発がん性物質を含むため日本ではこの抽出方法を取り入れたカフェインレスコーヒーは流通していません。

T-SITE情報サイトを利用しましょう。

2つ目は水と有機溶媒を用いた抽出方法です。先ほどの有機溶媒とは違い今度は1度水槽にカフェインを含む水溶性物質を抽出しそこから有機溶媒でカフェインを分離、処理が終わったら先ほどの分離済みの水槽でコーヒー豆から流れた物質を戻します。
1つ目の方法と違い、有機溶媒と豆が直接接触しないので安全性も増しています。



3つ目は超臨界流体抽出という技法です。


これはコーヒー豆を一定の温度と気圧に置くことによって豆内部の成分を気体と液体の両方の性質を持った超臨界流体状態にして分離させる技法です。

有機溶媒を使った抽出技法とは異なり、安全性は保証されています。

様々な工夫を凝らして誕生したカフェインレスコーヒーですが、風味は従来のコーヒーと変わりないので、気軽に楽しめると思います。